クハ5号整備記録 ~開始前

クハ5大修繕

はじめに

活動開始からいろいろなことがありつつも、2022年7月に大規模な修繕を終えました。ぱっと見は「色塗っただけじゃない?」と思われそうですが、そう見せるのが保存作業でもあるので、悩ましいところです。

そんなクハ5号の大規模修繕の過程を、シリーズでご紹介していきます。

普段は見ることのできない鉄道車両の造りや、DIYに役立つ情報も満載かもしません。

クハ5号とは?

クハ5号は昭和6年、日本車輌で製造された、下津井電鉄の自社発注車輌です。

元々はガソリンカーで「カハ5」を名乗っていましたが、昭和24年の電化に伴って電車に改造され、「クハ5」となりました。

活動開始前

下津井みなと電車保存会が活動を開始する前、2002年1月頃の画像です。このときで廃止から11年が経ち、もはや何色なのか?という状態ですね。窓ガラスは割れ、錆びて穴が開いて・・・という状態

車内はボロボロで動物の死体が散らばっているような状態で、簡単に掃除したのが写真の状態です。室内灯のカバーも2つ欠品がありますね。

一部の窓枠は開けようとすれば崩れそうです。

この時点で保存車両は11両。クハ5号だけをするわけでもないので、長い闘いの始まりです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました